NEWS

長門おもちゃ美術館のさじきひろばの1番奥。弁天丸の大漁旗の暖簾がかかった小さな小さな魚市場があります。

長門市は漁業の町。様々なところで魚が水揚げされていますが、さじきひろばからは仙崎の魚市場が望めます。

そんな魚市場をイメージして作られたのが、さじきひろばにあるこの「小さな小さなおもちゃ魚市場」です。

レジもあるので魚屋さんとお客さんに分かれて、長門市らしいごっこ遊びも体験できますよ!

 

長門おもちゃ美術館の中でも人気の場所なので、順番待ちになることもありますが、長門らしさが1番体験できる場所となっています。

関連記事

第5期おもちゃ学芸員養成講座のお知らせ

長門おもちゃ美術館では、第5期となるおもちゃ学芸員養成講座を行うことになりました。 2019年1月19日(土) […]

長門おもちゃ美術館の周りを囲む「木の回廊」

長門おもちゃ美術館の周囲を囲む木の回廊。 これは長門の木を9cm角の材に加工し、お寺の「斗組」のように積んでで […]

夏休み期間中の営業のお知らせ

7月21日から9月1日までの夏休み期間中は、木曜日も開館します。 (7月25日、8月1日、8日、15日、22日 […]