NEWS

全国のおもちゃ美術館には、それぞれオリジナルのロゴマークがあります。

長門おもちゃ美術館は何といっても世界にひとつだけ、ここにしかない「キッズ木育クルーズ船」をモチーフとしたロゴになっています。

さらにカラーにも秘密がありまして、背景は海の碧、船の帆の部分は森の緑、そして船の底面は・・・

ちょっと、船の底の半円を上下にひっくり返してみましょう。

海から浮かぶ朝の太陽、または海に沈む夕日に見えませんか?

そう、もう一色は日の光である黄色をイメージしています。

新型ウィルスの影響で、一時休館していた長門おもちゃ美術館も、5月から再開館し、週末のお客様も増えています。季節も良くなり、海も山もキレイになります。

まさにこれから再び陽が昇ろうとする長門おもちゃ美術館をどうぞ応援よろしくお願いいたします。

写真はロゴをモチーフにしたパズルです。
山口県の重田木型さんに特別に製作いただきました。

一度見に来てくださいね。

関連記事

新しい仲間が誕生!!

1月25日(土)、26日(日) 第7期おもちゃ学芸員養成講座を開催いたしました。 そこで新しく、おもちゃの伝道 […]

さかなのこやでおままごと

7~8月は木曜日も開館します

夏休み期間中【7月26(木)~8月末まで】通常木曜日定休のところ開館いたします。 定番のワークショップ、「木の […]

お客様にワクワクとドキドキを伝える「おもちゃ」と「遊び」の伝道師 おもちゃ学芸員

今日は長門おもちゃ美術館は休館日ですが、「おもちゃ学芸員」の紹介をしたいと思います。 長門おもちゃ美術館の館内 […]