NEWS

毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

また日本では4月2日から8日までを「発達障がい啓発週間」として、自閉症などの発達障がいに関する啓発活動が全国各地で行われています。

このたび長門市で活動を行う「ブルースター・発達障がいを考える会」の呼びかけに応じて、長門おもちゃ美術館も参加させていただくことになりました。

この日、長門おもちゃ美術館はブルーにライトアップされ、啓発活動を行うとともにブルーライトで

「癒しの光」「希望の光」をお届けします。

長門おもちゃ美術館はすべての人に楽しんでいただける場所を目指しています。

皆さまのお越しをお待ちしています。

 

点灯セレモニーは4月2日(火)

18:30から行います。(予定)

関連記事

長門おもちゃ美術館の中にある「森」

長門おもちゃ美術館内に並ぶ、300本の丸柱。 実はこの柱は長門の森に生える11種類(シイノキ、モチノキ、クスノキ、センダン、タブノキ、ケヤキ、ナラ、サクラ、マツ、ヒノキ、スギ)の木でできています。 長いものは曲がりにくい […]

木工カタコロコースターWS 終了しました

木工カタコロコースターWS,午前の部、午後の部合計で12組の参加がありました! 1歳から小学生まで親子のふれあいがたくさん垣間見られ、ほっこりとした1日になりました。 午後の部はあっという間に満員になり、残念な思いをさせ […]

今日はイベント盛りだくさん

本日の長門おもちゃ美術館ではイベントが盛りだくさん! おもちゃコンサルタントの岡田哲也さんをお招きして、 11:00~ 13:00~ 15:00~ のスケジュールでおもちゃを使った体験型のショーを行っていただきます。 目 […]