おもちゃ美術館ストーリー

今日は長門おもちゃ美術館は休館日ですが、「おもちゃ学芸員」の紹介をしたいと思います。

長門おもちゃ美術館の館内で赤いエプロンを着たスタッフは「おもちゃ学芸員」と呼ばれるボランティアスタッフさんです。

わらべうたや独楽などの伝承遊び、アナログゲームなど、いろいろな特技を持っていたり、遊び方がわからないおもちゃの解説をするだけでなく、赤ちゃんからお年寄りまで多世代の方にワクワク・ドキドキするような遊びの楽しさと喜びをお伝えしていただいています。

中には、職員も驚くような特技を持っていたり、遊びを知っていたりする方も。

写真は先日、おもちゃ学芸員の方が、お客様に読み聞かせやうたを使って体を動かす遊びを行なってくれたときのものです。

お客様とのコミュニケーションを生み、館内をパッと明るくしてくれるおもちゃ学芸員の方々のご協力がなければ、長門おもちゃ美術館の魅力も半減してしまうほどの存在です。

関連記事

台風10号の接近による9月7日(月)の休館日について

大型台風10号の接近に伴いまして、お客様とスタッフの安全を確保するため 9月7日(月)は「臨時休館日」とさせていただきます。 また9月6日の日曜日につきましても、状況を鑑み閉館時間を変更する場合もございます。 ご迷惑をお […]

第9期おもちゃ学芸員養成講座 延期のお知らせ

11月27日(土)、28日 (日)に予定していました第9期おもちゃ学芸員養成講座ですが、諸事情により、3月5日(土)、6日 (日)に延期することとなりました。 参加を検討いただいていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解 […]

新型コロナウイルス感染症対策について

現在、長門おもちゃ美術館ではお客様へ安心安全をお届けするために下記の感染拡大防止対策を行い、平常通り開館いたしております。 ・全館内の換気(終日) ・全スタッフのマスク着用、体調管理の徹底 ・お客様、スタッフの検温の実施 […]