NEWS

長門おもちゃ美術館の周囲を囲む木の回廊。

これは長門の木を9cm角の材に加工し、お寺の「斗組」のように積んでできています。

下段には、堅く腐りにくい「シイ」、中段に「ヒノキ」、上段に雨に強く軽い「スギ」を使っています。

仙崎は風が強いので、下から上へ格子のピッチを拡げて風の力を緩める構造となっています。

ところどころにあるアーチは、眺めをつくり、日差しを調節してくれます。

木の特徴を活かして使う工夫は、有名な岩国の「錦帯橋」にも似ています。

木の色も、グランドオープンの時からは変わってきており、建物自体が木材の経年変化を実感できる施設となっています。

再開館した際には、ぜひ外観の構造にも注目してみてください!

関連記事

長門の森と海を楽しめるさじきひろば

長門おもちゃ美術館のメイン広場でもある「さじきひろば」。 ここは、長門市にある国指定の重要文化財「赤崎神社楽桟敷」をイメージしてつくられています。 「赤崎神社楽桟敷」は赤崎山の北東斜面にある自然にできたすり鉢状の地形を巧 […]

さかなのこやでおままごと

7~8月は木曜日も開館します

夏休み期間中【7月26(木)~8月末まで】通常木曜日定休のところ開館いたします。 定番のワークショップ、「木のたまごつくり」「どんぐりキッズをつくろう」も開催しますので お子さまと夏休みの思い出に、ぜひ長門おもちゃ美術館 […]

長門おもちゃ美術館が青く染まる

昨日、「長門おもちゃ美術館ブルーライトアップイベント」が開催されました。 閉館後、1時間程度ですが、ご招待がありました団体、施設の方々に美術館のおもちゃ等で遊んでいただきました。 ご家族で伸び伸びと遊んでいただき、とても […]