おもちゃ美術館ストーリー

長門おもちゃ美術館の赤ちゃんひろばは、0〜2歳までの専用のお部屋。

床には長門市産の柔らかめのスギフローリングを使用し、赤ちゃんが舐めても安心な自然素材のおもちゃをメインに揃えています。

このお部屋のイメージは「青海島の浦」。

なだらかな斜面は青海島特有の砂利浜のイメージで、木のたまごをコロコロころがすと、砂利浜の潮騒のような音も楽しめます。

ちなみに赤ちゃんひろばの木のたまごは特注で、小さなお子様でも握りやすいように少し小さく、立てて遊ぶこともできるようになっています。

日中はやさしい日差しが入り、とても心地が良い空間です。

関連記事

長門おもちゃ美術館が青く染まる

昨日、「長門おもちゃ美術館ブルーライトアップイベント」が開催されました。 閉館後、1時間程度ですが、ご招待があ […]

2018.4.7長門おもちゃ美術館グランドオープン

長門おもちゃ美術館、いよいよ明日4月7日(土曜日)グランドオープンいたします。 3月26日から4月4日までのプ […]

ついに目標達成!本当にありがとうございます。

ついに、この日がやってきました。 12月12日、ワンツーワンツーと数字が続き、なにかいいことが起きそうなこの日 […]